環境へのとりくみ

HOME > 企業情報 > 環境へのとりくみ

環境理念

我々は、人と環境に優しい技術を通して、社会に貢献し、地球環境の保全を図り、次の世代に住みよい地球と豊かな社会を残すように努めます。

基 本 方 針

技術の開発

環境負荷の小さい製品の開発に努めると共に、環境に調和する製品、プロセス、システム開発に取り組みます。

環境の保全

法規制の遵守、汚染の防止と継続的な環境負荷の低減に努めると共に、製品、プロセス、システムが、開発から廃棄、回収に至る各段階で環境に与える影響を予測し、評価し、環境保全に取り組みます。

社会への貢献

より良き企業市民として埼玉県を中心とした環境保全活動への参画、支援に積極的に取り組み、地域との共生に努めます。

行 動 指 針

考える
(Think of)

開発から廃棄、回収に至る各段階での環境負荷の評価と環境調和型の技術開発に積極的に努めます。

大切にする
(Take care)

原材料、エネルギー等の利用の効率化と資源のリサイクルに努めます。

参画する
(Take part)

地域の環境保全活動に参画、支援するとともに、環境情報の提供に努めます。

守る
(Take up)

国・地方自治体等の環境規制の遵守と自主管理基準の設定、維持に努めます。
緊急事態・事故に備え、環境への影響の予防・緩和に努めます。

育てる
(Train)

環境方針を全従業員に周知させ、環境意識向上のため教育・啓蒙活動に努めます。

目標を持つ
(Spiral up)

本方針達成のため、目的・目標を立て、計画的に活動すると共に、活動内容を自主的に見直し、継続的な改善を進め、第三者の監査を受け確認します。

公開する
(Exhibition)

環境方針は、外部からの要求があれば積極的に公開します。